♪電波ソング大好き♪

ゲーム主題歌などで着実に勢力圏を広げつつある同人音楽。 特にエロゲ主題歌を中心とした、聴いて楽しい音楽をリスペクトしつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こつこつCDを買い増す:今回は『ナツウタ』

そんなわけで、今回からまたいつも通りのだらだら音楽話に戻ろうと思いますよ。

先月末に発売されていた、『ナツウタ ~夏のある日の歌日記~』を購入いたしました。



“夏”をコンセプトに、様々なアーティストが競作・競演するコンピレーションアルバムです。歌い手は50音順で、佳織みちるさん、片霧烈火さん、佐藤利奈さん、霜月はるかさん、生天目仁美さん、藤枝あかねさん、真理絵さん、有希さん、の総勢8名。作詞・作曲陣には、アキレスKENさん、HIRさん、上條貴史さん、橋本鏡也さん、Meis Clausonさん、Morriganさん、柳英一郎さん、といった気鋭揃いの面々。また、いくつかの曲は歌い手さんが作詞もされています。

“夏”というと、個人的にはベタな発想しかなくて、青い空、白い雲、その存在感を誇示するかのようにギラギラと照り付ける太陽、じっとりと肌をねぶる暑い空気、といった感じでしょうか。夕立や台風などもあるものの、基本的には底抜けに明るい雰囲気ですよね。日照時間が長いのも無駄にワクワクしますね。個人的には一番好きな季節で、特に7/21~7/31の時期が一年の中で最良の11日間だと思っております。
#ちょうどこれから突入する時期ですね(笑)。

そんな先入観をもって聴き始めたこのアルバムですが、明るくて賑やかな曲ばかりかと思っていたら、いい意味で裏切られました。“夏祭り”をイメージした曲もあり、“肝試し”(?)をイメージした曲もあり、日暮れのような曲もあり、涼しげな夜のような曲もあり、いろいろな切り口から“夏”を表現した、広がりのある曲構成となっています。

特に7曲目の片霧烈火さんの「妖かし千夜一夜」は、若干ながら“黒烈火様”が出てきていて、いいアクセントになっていますね。『空の軋みと歪める世界の無き、声』や『キネマ・イン・ザ・ホール』などで顔を出す、ダークサイドの烈火様です(笑)。

同じ片霧烈火さんの参加曲でも、「サマスタGo!Go!」の方は可愛かったりと、なかなか忙しい御方だなと(笑)。

まぁ、明るい曲好きな私としては、霜月はるかさんの「SUMMER WAVE」、真理絵さんの「Traveler」、佳織みちるさんの「The Road to Nowhere」と連なる2~4曲目は非常に聴き応えのあるトリプルショットでしたし、後は12曲目の佳織みちる×真理絵「水の魔法」、そして〆のグランドテーマ曲「真夏革命」が外せないところでした。

総じて楽しめるコンピレーションアルバムだと思います。これからの季節に、気分を盛り上げるのにバッチリかと。このアルバムを聴いてぜひ「夏の日宣言!」してみたらいいんじゃないでしょうか(笑)。




さて、ここ10日ちょっとの間に新たに公開され、査収済みのゲーム主題歌は以下の通りです。

◆SATOMI 「赦されぬ罪のシルエット」 (『ハラマセテ人妻』より)

◆YURIA 「This world is a roulette」 (『任侠華乙女

◆橋本みゆき 「True fairy tale from happy princess」 (『はっぴぃプリンセス』より)

◆中山マミ 「Let's do it!」 (『彗星天使プリマヴェールZwei』より)

◆Blueberry&Yogurt 「リリト」 (『天使のたまご』より)

◆遊女 「夏影ラピスラズリ」 (『恋夏 ~れんげ~』より)

◆あん 「Sortie for Rescue!」 (『特警戦隊サイレンジャー』より)

こんなところでしょうか。

「True fairy tale from happy princess」は橋本みゆきさんらしい正統派のポップチューン。実に主題歌の定番というかツボをよく心得ていらっしゃいますね(笑)。

「Let's do it!」は歌声にどことなく色気を感じさせる中山マミさんの新曲です。この曲は魔法少女ものの主題歌らしく、凛々しくノリのいい感じの出来映えとなっています。

ぶるよぐの「リリト」は、たぶん“Lilith”のことでしょうか。Ritaさんの中音を駆使した、ちょっと抑えた感じでもの悲しい雰囲気の曲になっています。

遊女さんは何だかお久しぶりな感じがします(笑)。「夏影ラピスラズリ」は作詞・作曲が電気さん(電気式華憐音楽集団の)という異色の(?)取り合わせ。エレキギターがうなるかっこいい曲でありつつも、どことなく切なさを漂わせる曲調でもあります。波の音に気を引かれますね。

――それでは、また次回!
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<いつの間にか、夏真っ盛り! | HOME | 2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~癒し系、ゆったり系ソング篇~>>

この記事のコメント

おお、こちらもナツウタゲットしました。
ロゼッタさんとほぼ同じ意見で、いろいろな角度から夏を歌っているレベルの高いアルバムでしたね。
参加アーティストの多さも○ですけども。
2007-07-20 Fri 18:34 | URL | 葵 #SscihfJ.[ 編集]
お、買っておられるとは(笑)。
ボリュームもあって、いい出来ですよね。

さらっと書き忘れましたが(笑)、今回は「各ソロ」「全員参加」に加えて「デュエット」が3曲用意されているのも前回とは違うところ。そして、元々合唱をやっていて、誰かと一緒に歌うというのが大好きらしい、霜月はるかさんが途轍もなく生き生きとしているのがなんだか微笑ましいです。

あの人の歌声は確かに合唱向きだと思います(笑)。
2007-07-22 Sun 03:09 | URL | ロゼッタ@Author #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

肝試し肝試し(きもだめし)とは、人が本来持つ恐怖心を抱くような場所、すなわち暗闇や、恐ろしい場所を巡るなどして度胸を試す遊びである。夏の風物詩とされる。学校のクラブやスポーツ少年団などの合宿でしばしば行われる企画で、夏休みの思い出作りとしても楽しい。.wik …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。