♪電波ソング大好き♪

ゲーム主題歌などで着実に勢力圏を広げつつある同人音楽。 特にエロゲ主題歌を中心とした、聴いて楽しい音楽をリスペクトしつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~正統派ポップス篇~

続きましては第二弾。「2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~正統派ポップス篇~」ということでお送りしようと思います。留意事項は前回と同様ですが、念のため転記しておきます。

▼留意事項▼

・ゲームの発売日が「2007年1月1日~2007年6月30日」の期間内であるものを対象としました。曲サンプルそのものは昨年のうちに公開されていた場合もあります。逆に、発売日の延期によって対象外となった曲もあります。ご了承下さい。

・ゲームはいわゆる商業流通のものだけにとらわれず、同人レベルのものも対象としています。ダウンロード販売など、既にその境界線もあいまいになってきている昨今ですので、あえて区別する意味はないかなと。

・主題歌の公開形態は音楽ファイル(mp3など)だけでなく、動画ファイル(mpgなど)でもよいものとしました。この際、体験版しか公開されていないが、体験版のファイル一式の中にオープニングムービーが……みたいなのでもいいかなと思ったり。

・例によってこの10曲の中での順位はつけません。1位と2位で骨肉の争いをする必要はないかなと。つか、10曲に入れられなかった曲のことを考えるだけでも心が痛むのですよ(笑)。




◆Blueberry&Yogurt 「Alea jacta est!」 (『カタハネ』より)*メーカーサイト消失のためGalge.comの作品紹介へとリンクしています

スカッと爽やか、ぶるよぐの正統派ポップス! 作曲が“相方”の内山利彦氏だけあって、Ritaさんの高音域を上手に引き出しているところも好印象です。題名はラテン語で、かの有名なユリウス・カエサルの言葉「賽は投げられた!」なのですが、その名にふさわしい、決意を秘めてまっすぐ前を向いた時のような、曇りのない晴れやかな心になれる、そんな歌に仕上がっています。

◆Naoko Mori 「fall in love」 (『いさましいちびの許婚』より)

R&Bのテイストがゲーム主題歌としては異色なこの曲。それもそのはず、この曲はゲームよりも先に作られており、タイアップ先を募集していたところ、スタジオ神楽(当該ゲームのメーカーですね)よりオファーが来て、タイアップが決まった、という経緯のようです。R&Bのシンガーさんって歌の上手い“実力派”の人が多いような気がしますが、このNaoko Moriさんも抜群の歌唱力をみせてくれています。もっとも、うまく聴こえる歌い方をR&Bというジャンルが多用する、という側面もあるんでしょうけどね。ゲーム主題歌という枠を超えて、いろんな人に聴いてみてほしいと思う曲です。

◆Riryka 「F値≒乙女値」 (『シャッターチャンス・ラブ』より)

すっかり定番となったAngel Noteの歌姫さんの中では、特に精力的な活動が目立つRirykaさん。この「F値≒乙女値」はバンドサウンドっぽく仕上げられたガールポップで、ライブでも映えそうな感じですねー。個人的には、サビの部分でシャカシャカ鳴ってるハイハットが好きです(笑)。

◆yozuca* 「Happy my life ~Thank you for everything!!~」 (『D.C.II Spring Celebration』より)

正統派と言うならこれ以上の正統派はない、ガールポップの王道を往く一曲。マキシシングルのキャッチコピーに「ありがとうの言葉を伝えます」とありましたが、まさにそのテーマを直球で歌った、心が温かくなる一曲になっています。ゲーム『ダ・カーポII』は一年中桜が咲く島を舞台にした作品で、そのためか春のイメージが強いのですが、この曲も春らしいというか、卒業をイメージしたフレーズにあふれていますね。卒業シーズンにみんなで歌ったりしたら楽しいかも。

◆YURIA 「ナツメグ ~Precious Last Summer~」 (『ナツメグ』より)

この世界では相当の古株にあたるYURIAさんですが、ご自身でもバンド活動を続けている実力派のシンガー。エロゲ主題歌の水準を高く引き上げた功労者の一人でもあると思っています。A-POPを巡る言説ではキーパーソンの一人である金杉肇さんとも仲がいいですし、わりと重要なポジションにいますよね。少しだけコケティッシュな歌声は、こういう明るい歌でこそ最大限に魅力を発揮する気がします。ホーンセクションが鳴り響き、気分はまさに夏! といやが上にも盛り上がる曲です。

◆橋本みゆき 「message to us」 (『ひとゆめ』より)

ランティスの最終兵器(らしいよ? 笑)橋本みゆきさんも私のライブラリの中では曲数多めの人なのですが、今回はこちらを選びました。彼女のまっすぐな歌声は、まさに正統派ポップスに相応しいもの。いい曲をいっぱい歌っていますが、中でもこの曲の疾走感、躍動感はジャストフィットだと思います。サビでじゃかじゃか鳴ってるアコースティックギターも大好きです。

◆佐藤ひろ美 「消えないひこうき雲」 (『にーづまかぷりっちょ!』より)

この方も相当の歴史をお持ちの方ですが、最近はアニメ方面での活躍もあり、エロゲ主題歌でのご登場は少なめではあります。それでも、ピンポイントでこういう素敵な曲を歌っておられるのが、さすがの貫禄といったところでしょうか(笑)。アップテンポな8ビートが響く、直球ど真ん中のポップス。以前にも書きましたが、佐藤ひろ美さんをして「自身の原点」と言わしめた、明るくて気持ちがハイになる曲です。特にサビの盛り上がり方は、ずるいくらいゾクゾクさせてくれます。歌詞も爽やかな感じで、思わずグッと来ますね。

◆青木春子 「Love Hell Rocket」 (『Honey Coming』より)

はげしいギターソロで始まるノリノリのバンドサウンド。そこにかぶさるハキハキとした女性ヴォーカル。畳みかけるようなリズムを刻むドラム。この3つが揃えば無敵のガールポップの誕生です。歌詞は恋する乙女らしい可愛らしさにあふれていますが、甘くなりすぎず快活な印象を受けるのは、青木春子さんの元気いっぱいなヴォーカルの賜物ですね。スタッカートを効かせた小気味よいテンポの歌声がすばらしいです。今後にも期待してしまうなぁ。

◆霜月はるか 「あの空の向こうへ」 (『いつか、届く、あの空に。』より)

クリア・ヴォイスが魅力の霜月はるかさんらしい、ハイトーンで明るさいっぱいの曲。ホームグラウンドである同人音楽や、メジャーアルバムの『ティンダーリアの種』、あるいはガスト作品などで披露されるような、ファンタジックな曲調が彼女の基本だとは思いますが、今回のこれはゲームの世界に合わせてか、はたまた作編曲が別の人のためか(?)、四拍子の落ち着いた曲となっています。こういう“普通の”曲もさらっと歌いこなすところが実力の証なんでしょうね。

◆片霧烈火 「TIME」 (『こいとれ ~REN-AI TRAINING~』より)

前回の可愛い系ソングに続いて、今回もエントリーした片霧烈火さん。曲数多いだけのことはあります(笑)。この「TIME」はアコースティックギターのカッティングが小気味よい、アップテンポなポップチューン。前奏・間奏とサビの部分に乗っかってくる、ヴァイオリンかな? 弦楽器の音色が、一味違う雰囲気を醸し出していますね。そこにトッピングされるのは、可愛い方の烈火たんの歌声。実にキャッチーな一曲に仕上がっています。作詞がmarie(真理絵)さんだというのも贅沢なところ(笑)。




……以上のようになりました。書いているうちに「あ、むしろこれ入れなきゃ!」みたいな心変わりもあり、曲目も二転三転していまして、書いている自分ですら結末に予想がつかない企画になってきました(笑)。まぁ、拾うべきところは拾えているかなぁ、とは思うんですが……。いかがでしょうか。

ちなみに、まだ続きます(笑)。それでは、また次回!
スポンサーサイト

テーマ:ゲームソング - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~癒し系、ゆったり系ソング篇~ | HOME | 2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~可愛い系・萌え系・電波系ソング篇~>>

この記事のコメント

こんばんわー、おひさしぶりですー。
といってもかなりの頻度で来させてもらってますが。

なるほど、素晴らしいチョイスですb
個人的にはYURIA,橋本みゆき、佐藤ひろ美さんの3名はキラーですね。
あと真理絵さん作詞の烈火曲、是非聴いてみたいものです。
今回のベスト10というのはいろんな音楽性が垣間見れて、見てるほうも楽しいです。
それでは、空が明るくなってきたので・・・寝ますZzz
2007-07-10 Tue 04:25 | URL | 葵 #SscihfJ.[ 編集]
お久しぶりですー。

一緒に楽しめなければ意味がない! という理由で、興味を持った人が気軽に“拾い”に行けるように、配布元(たいてい18禁サイトですが。笑)へのリンクを極力貼るようにしています。面白そうなものは、ぜひとも聴いてみて下さいまし。

話はえらく変わるのですが、最近、同人音楽のミュージシャンさん同士の横のつながりが気になっています。音楽活動の上でコラボレーションしたり、あるいは単に友人関係でのつながりだったり。表向き無関係そうなある人とある人が実は仲良さそうだったりとか、意外にこの業界って狭いんだな、という感じのネタがいろいろありそうで。
2007-07-11 Wed 04:37 | URL | ロゼッタ@Author #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。