♪電波ソング大好き♪

ゲーム主題歌などで着実に勢力圏を広げつつある同人音楽。 特にエロゲ主題歌を中心とした、聴いて楽しい音楽をリスペクトしつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~可愛い系・萌え系・電波系ソング篇~

結局、こうなりました(笑)。こんなにいっぱいあるのに、10個だけ選ぶなんて無理! 削れない! 削りたくない! ということで……。

あらためまして、『2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~可愛い系・萌え系・電波系ソング篇~』からスタートしたいと思います。皆様よろしくお付き合いのほどを。

▼留意事項▼

・ゲームの発売日が「2007年1月1日~2007年6月30日」の期間内であるものを対象としました。曲サンプルそのものは昨年のうちに公開されていた場合もあります。逆に、発売日の延期によって対象外となった曲もあります。ご了承下さい。

・ゲームはいわゆる商業流通のものだけにとらわれず、同人レベルのものも対象としています。ダウンロード販売など、既にその境界線もあいまいになってきている昨今ですので、あえて区別する意味はないかなと。

・主題歌の公開形態は音楽ファイル(mp3など)だけでなく、動画ファイル(mpgなど)でもよいものとしました。この際、体験版しか公開されていないが、体験版のファイル一式の中にオープニングムービーが……みたいなのでもいいかなと思ったり。

・例によってこの10曲の中での順位はつけません。1位と2位で骨肉の争いをする必要はないかなと。つか、10曲に入れられなかった曲のことを考えるだけでも心が痛むのですよ(笑)。




では早速、ご紹介していきましょう!

◆fripSide NAO project 「あっせんぶる☆LOVEさんぶる」 (『姉はエロコミ編集者』より)

まずはfripSideの記念すべき「電波系進出」初作品をエントリー。NAOさんも、SATさんも、ものすごく戸惑いながらの楽曲制作だったっぽいところが、歌からもにじみ出ていますが(笑)、いやいやなかなかの出来映えですよ。NAO projectの次の曲も本当に期待しています。いっそ突き抜けて、はじけちゃえばいいと思うの。『姉は~』は発売延期がありましたがどうにか6月末に発売されたようです。ギリギリセーフ。

◆KOTOKO 「Lilies Line」 (『チアフル!』より)

大御所KOTOKO様の曲として、これだけは他の何を差し置いても譲れない(笑)。作詞・KOTOKO、作編曲・C.G mixの布陣は、かの名曲(迷曲)「さくらんぼキッス ~爆発だも~ん~」と同じでもあります。とはいえ「Lilies Line」はどちらかというと可愛い系かな。チアっぽい合いの手もなかなかいいですよね。KOTOKO御大の歌声は、どんなテイストのものを聴いていてもメロメロにされるくらい大好きですが、やっぱり可愛い歌が一番ドキドキします。ほんとこの人は偉大。

◆MOSAIC.WAV 「シリーシンフォニー」 (『きみはぐ』より)

電波ソングを広めた功績で言えば、I'veに勝るとも劣らないと思う重要なグループのひとつ、MOSAIC.WAV。それだけにいつもこってりした電波ソングを期待されてしまう役回りでもありますが、毎度その期待に違わない曲を仕上げてくるのは、才能と言うより他にないですね。今年に入ってからも既に、いいなと思う曲がいくつもあるのはさすがの一言に尽きます。だいぶ迷いましたが、今回は絞りに絞って「シリーシンフォニー」をプッシュします。「ディスコでターンテーブルよりも、おうちでLANケーブル」の人ですもの、私も(笑)。

◆ゆいこ 「はぁと!キュンキュン★」 (『みゅうたんにおまかせ!』より)

ということで同人ゲームからの採用です。ゆいこさんの歌声は素で電波っぽいところがある気がするのですが(笑)、少女病のCDでは「Mighty Heart」「↑青春ロケット↑」あたりを担当していたように、その特色は遺憾なく発揮されているように思いますね。次世代の電波系歌姫として、成長が楽しみな逸材です。「はぁと!キュンキュン★」もまた、タイトルでも分かる通り、直球ど真ん中の電波ソング。ukfwですよ!

◆佳織みちる 「Lili:miesta!」 (『リリミエスタ』より)

ロングトーンヴォイスが魅力の佳織みちるさんですが、こういう可愛い歌もわりと得意そうです。声質のおかげですかねー。そんな「Lili:miesta!」は、明るくて、元気をたくさんもらえる歌。みんなのハピネスが少しずつ生まれてく、そんな気になりますね(笑)。前向きな気持ちになりたい時に、特にお薦めです。

◆榊原ゆい 「Chu×Chu!!」 (『Chu×Chu アイドる』より)

精力的な活動が続く榊原ゆいさんの歌からは、こちらをセレクト。本音ではむしろ、あべにゅうぷろじぇくととのコラボをしていた某曲を推したかったのですが、7月発売だったようなので涙をのみました(笑)。下半期で同様の企画をしたら、絶対採用です(笑)。「Chu×Chu!!」もまたコケティッシュな榊原ゆいさんの歌声が絶妙にマッチする、あまあまソングですね。ノリノリなギターがまたいい味を出しています。

◆詩月カオリ 「アナタだけのエンジェル☆」 (『あねいも2 ~Second Stage~』より)

いよいよメジャーデビューが間近に迫ってきた詩月カオリさんも、可愛い系・萌え系・電波系という枠組みの中では絶対にはずせない一人。弾数は少ないですが、確実にスマッシュをきめてくれます。この「アナタだけのエンジェル☆」もまた、実にカオリンらしい可愛らしさあふれる一曲。サビの「もう全部大好き!」のあたりがグッときます(笑)。

◆真優 「love recipi」 (『にーづまかぷりっちょ!』より)

あまあま新婚さんな歌詞が素敵すぎます。「愛」の「レシピ」ということで、ちょっとひねった言葉をそれっぽく散りばめているところに思わずニヤリと。勢いのある曲調もいいですね。サビの「いつも可愛いと、嘘でも言っててね」というフレーズには心のツボを突かれまくりでした。真優さんも今年に入ってから曲数多めなんですよね。後半戦も期待しています(笑)。真優たん可愛いよ真優たん(*´Д`)ハァハァ。

◆藤原鞠菜 「革命★キッス! Kiss! Kiss! Revolution!」 (『絶対★妹至上主義!!』より)

主題歌は昨年末公開、ゲーム自体も1月発売で、個人的に年初からやたら聴いていた、電波ソングのトップバッター。太っ腹にもフルバージョンが公開されていたのも評価の高いところでした。歌詞もいい意味でアレですし(笑)。間奏部分の、四音節単語を連ねていくパートもけっこう好きだなぁ。最初は何言ってるか分からなかったのが、文字で起こされた歌詞とにらめっこしながら聴くと、だんだん聴き取れてくるあたりが特に(笑)。

◆片霧烈火 「キラン★とねっ」 (『幼なじみと甘~くエッチに過ごす方法』より)

烈火たんも地味に曲数が多いのですが、得意分野(?)の可愛い系ソングの中ではやっぱりこれ。ゲームでは「誰が一番仲の良い幼なじみかを決める競争」が繰り広げられるのですが、歌詞中にもそれらしいフレーズが含まれており、そこがまたニヤリとさせられます。そして、サビの合いの手はピンポイントながら絶妙の一言に尽き、思わず心を揺さぶられます。ほんと破壊力高杉(笑)。




……という感じになりました、第一弾「可愛い系・萌え系・電波系ソング篇」、いかがでしたでしょうか。異論反論もあるかとは思いますが――特に「これ入れるくらいならあれ入れろよ!」みたいなのとか――まぁ、一個人の意見ですので笑って流して下さると幸いです(笑)。

第一弾と銘打った以上は、続きを書かざるを得ない訳ですが! 途中で飽きなければ、もとい、きちんとまとまれば、そのうち続きをアップしようとは思っております。頭の中にはいろいろと、アイディアがぐるぐる渦巻いてますがね。

それでは、また次回!
スポンサーサイト

テーマ:ゲームソング - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2007年上半期 ゲーム主題歌ベスト10 ~正統派ポップス篇~ | HOME | 全10曲、それぞれワンコーラスを収録ですって!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。