♪電波ソング大好き♪

ゲーム主題歌などで着実に勢力圏を広げつつある同人音楽。 特にエロゲ主題歌を中心とした、聴いて楽しい音楽をリスペクトしつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

密林だけにトラップいっぱい

前回、my sound lifeの『rainbow』が手元に届いた記事を書きました。また、既にI'veの『SHORT CIRCUIT II』の予約も済ませています。――が、その合間につい買ってしまったのがkukui(霜月はるか&myu)のメジャー初のアルバム『Leer Lied』。

4月に出ていたアルバムでしたが、存在は知っていたものの、コンセプトがアニメ『ローゼンメイデン』シリーズに提供したkukuiの楽曲のみを集めた、単作品ベースのアルバムというものだったので、kukuiというユニットの「色」が前面に出ていないのは引っかかるなぁ……と思って当初はスルーしていたんです。ところが、最近になってむしろアリプロを聴いたりしていて、『ローゼンメイデン』がらみのCDをアマゾンでちょこちょこ調べていたところ、このアルバムを「再発見」。速攻でカートに入れ、配送手配をしておりました。

というかですね、アマゾンって罠だらけですよね(笑)。昨日もネットであちこちうろうろしていたら、いくつかCDの発売情報が見つかりましてですね。それをアマゾンで調べていたら、なんかおすすめ情報から「買おうと思っていた新譜が予約開始している」のを発見したりしてですね。今カートに2つほど、予約寸前の商品が入っている状態なんですけども(笑)。あれですかね、頑張れ未来の俺! ってやつですかね。

ちなみに、その2点とは以下の商品。



TEAM Entertainmentが提供している、しもちゃみん御三方が司会のネットラジオ「はれちゃった歌種日和」先週分でゲスト出演されていたのが、love solfegeの観月あんみさん。エロゲ主題歌としては、『カタハネ』EDでの起用で名前をご存じの方もいらっしゃるのではないかと思います。その「Memories are here」でもしっとりしたバラードで魅せてくれましたが、この方の真のすごさはクラシック唱法とポップス唱法を自在に使い分けて(それも同じ曲の中で!)しまう点。前述の「はれちゃった歌種日和」の中で紹介された表題曲「フタリノワタシ」でも、その実力は遺憾なく発揮されています。正直、これを聴いてすっかりトリコになりました(笑)。

love solfegeは先日行われたTEAM Entertainment主催のライヴ「Act 2007」にも参加されていたのですが、これでこのライヴに参加されていた歌い手さんの個別CDが揃ったことになりますね。霜月はるかさん、茶太さん、片霧烈火さん、みとせのりこさん、Ritaさん、そしてlove solfegeと、今年の頭から矢継ぎ早に発売されてきましたが、これでどうにか一段落といった感じでしょうか。



こちらはChambersRecordの企画商品。昨冬に発売された『雪降る歌 ~scene:X'mas~』に続いて、今度は「夏」をテーマに複数の歌い手さんに歌ってもらったCDになるとのことです。メンバー構成も前作から若干入れ替わっており、留桜良姫さんが抜けて、新たに藤枝あかねさん、真理絵さん、有希さんが加わっております。トータルボリュームでは若干アップしている感じですね。前作もけっこう良かったので、今回も買ってみようかなぁ……と、発表時から注目していたタイトルでした。

二作品とも、欲しいゲージはマックスぎみになっているのですが、なんせ発売時期が近くて、請求もまとめて来そうなのがちょっと痛打かも。どうしたものか……買うしか、買うしかないじゃないか!(ぇ

――さて、前回の記事以降で公開され、査収済みのエロゲ主題歌は以下の通りです。

◆真理絵 「陽だまりのつくり方」 (『長靴をはいたデコ』より)

◆橋本みゆき 「せつなさのグラデイション」 (『あかね色に染まる坂』より)

◆NANA 「ミラクルをマジ☆マジカル」 (『虹色あるけミカン』より)

どれもなかなかの聴き応えです。「陽だまり~」と「せつなさの~」はちょっとほっこりくる「いい歌」系。「ミラクルを~」はタイトルで分かるとおり、明るいちょい電波系です。NANAさん久しぶりかも(笑)。

それでは、また来週……。
スポンサーサイト

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<思い出したら、素直になった | HOME | my sound life『rainbow』入手/さらに7月アニメの主題歌も豊作!?>>

この記事のコメント

おお、しもつきんアルバム出たんですか・・・。
感想を期待しております。

こちらのサイトでrainbowを見て、iyunaファンとして買わないとナーと、注文しました。
もちろんアマゾンでwちゃんと届くか不安です。

sola見てます。レンタルとか開始されてないんで、仕方なくste○e6でw
まったりしてるかと思ったらいきなりバトル入ったり、結構面白いですね。まだ6話までしか見てませんけども。個人的には過去に云々系はゲームにするとグダグダになるって印象がありますが、アニメならすんなり見れていいなぁと。
もうすこしまったりとしたストーリー展開を希望しますw
2007-06-11 Mon 19:13 | URL | 葵 #SscihfJ.[ 編集]
うひー。すみません、コメントあったの気づかなくて放置しておりました……。 orz

kukuiのアルバムですが、やはり『ローゼンメイデン』がらみという縛りはそれなりに効いていて、あの独特の世界観にあわせた曲調のものが多いです。『ローゼン』というと世間的にはALI projectのイメージが強い気がしますが(笑)、なんていうかアンティークでゴシックな感じですかね。でもkukuiも実はアニメ第1作から関わっており、音楽を通して世界観作りに一役買っていたと。それが、refioのmyuさんの楽曲を知っているとなおさらちょっとした驚きではあります(笑)。

曲目としては、『ローゼン』3シリーズ――無印、トロイメント、オーベルテューレそれぞれのエンディングで合計3曲、トロイメントに使われた挿入歌で1曲、キャラドラマCDに提供したイメージソングで合計4曲、唯一シングルになっていた無印エンディングのカップリング曲で2曲、さらにまったくの新曲が2曲という構成になっています。

このうち、キャライメージソングはテーマが明確すぎてそれ以上ではない感じ(笑)。個人的には、カップリングになっていた2曲と、新曲の2曲がkukuiとしての面白いところかと期待しておりました。この中でも特に「モノクロセカイ」と「Eden」は「あ、これこれ!」って思わず頷いてしまう、kukuiらしさ全開の曲でした。造語っぽいコーラスワークもばっちり。

でも、なんだかんだ言っても一番の名曲は「光の螺旋律」だと思っています。今回のアルバムでもわざわざ一番最後にもってこられているのですが、聴き終えるとじんとくること間違いなしです。
2007-06-17 Sun 01:13 | URL | ロゼッタ@Author #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。