♪電波ソング大好き♪

ゲーム主題歌などで着実に勢力圏を広げつつある同人音楽。 特にエロゲ主題歌を中心とした、聴いて楽しい音楽をリスペクトしつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

過去ログぺたぺた ver.20070204

まずは、ここ最近の査収曲。

◆KOTOKO 「Face of Fact」 (『BALDR FORCE』より)

◆川田まみ 「melty snow」 (『あねいも2 ~Second Stage~』より)

2曲だけですが、ともにI've soundでした(笑)。「Face of Fact」は古い曲ですけどねー。戯画はロットアップした商品のデモなどをさっさと消してしまうので、最近までネットでは手に入らなかったものです。バルドが非18禁ゲームとしてTGLブランドで発売されるのにともない、販促として復活公開されています。個人的にはコンピCD買っちゃったので今さら感もありますが(笑)、ショートバージョンはそれはそれでほしいので査収しております。

川田まみさんの方は新曲です。冬に相応しい、しっとりとしたバラードです。相変わらず抜群の歌唱力で聴かせてくれます。早速お気に入りになりました。

それはそうと、『月光のカルネヴァーレ』のOP主題歌において、作曲/編曲を“あの”上野洋子さんが担当なさっているという情報が。“あの”というのは、私にとってはもちろん「元ZABADAKヴォーカルとして活躍した」という枕詞なのですが、ネットで見てたら最近では『幻想水滸伝』関連であれこれやってたらしく、「『幻水』でおなじみ~」となっていたのがちょっとショックだった(笑)。まぁ、ZABADAK脱退してからずいぶん経ってますし、 ZABADAK自体はまだ活動していますので、そうなるのも仕方ないのかな。

そのあたりを調べていたら、いくつかこれまで情報不足でタグ付けられなかった曲について、情報が出揃ってきたようなので、そちらも。

◆Yoko 「嘆きの人形」 (『月光のカルネヴァーレ』より)

◆片霧烈火 「少年少女よ、大志を抱け」 (『車輪の国、悠久の少年少女』より)

◆蛯名珠里 「Trance Ramble」 (『寝盗ラレ -Naked Trance Ramble-』より)

喉に刺さった小骨が取れたようなすっきり感が(笑)。

「嘆きの人形」のYokoさんは、どう聴いても上野洋子さんご本人ではないか……と思うのですが。独特の声のかすれ方がもうなんとも。でも、一応「別名義」ということになっていて、作曲/編曲は「上野洋子」とはっきり名前が出ていますが、歌は「Yoko」らしい(笑)。とある上野洋子ファンの方のブログでは、歌もご本人担当ということになってましたが、どうなんでしょうね。

それにしても、ニトロプラスはびっくりするような人を連れてくるのが上手いですね。厳密に言うとZIZZ STUDIOの人脈力によるのでしょうけど。以前にも、私の世代では普通に有名なJ-POP歌手として記憶されているだろう(笑)小野正利さんが『吸血殲鬼ヴェドゴニア』で主題歌うたってるのを知った時には本当に驚きましたよ。でも、そもそもニトロプラスの立ち位置が一般的なエロゲメーカーとは若干違う(うまく表現できないけど、「本格派」とでもいうような)感じがあるので、そういう人選がなんとなく納得できたりもするのも、またすごいところかも。

ついでにもうひとつ、拾い損ねていたのを発見。

◆宮簀月菜/遊女 「Secrets」 (『Secrets -Sorcerer's Records-』より)

いろいろあるなぁ(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。