♪電波ソング大好き♪

ゲーム主題歌などで着実に勢力圏を広げつつある同人音楽。 特にエロゲ主題歌を中心とした、聴いて楽しい音楽をリスペクトしつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

過去ログぺたぺた ver.20070124

遅まきながら、到着しました! 冬コミ作品群+α!

月曜日にとらのあなからの荷物が届いて、翌日の火曜日にはAmazonからの荷物も届きました。開けたのはまだ『Maple Leaf BOX』だけですが(笑)。じっくり堪能しております。ジャケットとかもすごく凝ってまして、ある意味でこれも同人ならではだな、と思いました。同人誌でも、装丁にものすごく凝っている作品がたまにありますよね。昔の話ですが、バブル期の大手サークルの同人誌はそれはもう豪華なものだったとか。

もちろん、歌の方もばっちりツボです(笑)。既にショートバージョンを聴いたことのある曲も多いのですが、あらためてこうしてフルサイズで聴くと、意外に新鮮な感じでした。公式サイトで告知の出ていた、音飛び等の不具合もさいわいありませんでしたし、非常に満足感の高い買い物です。

公式サイトでは「あまりにも不良が多いようなら販売停止も視野に入れておりますが」との文面もありましたが――正直ものすごく思いのこもった作品だということは伝わってきますし、そういう思考に走ってしまう気持ちも分かるのですが――それでも、そうなってしまったらあまりにももったいない作品だと思いますね。

さて、それはそうと、年明けよりネットで拾った査収物。まとめてみたところ、以下の通りでした。

◆ave;new feat. 佐倉紗織 「淡雪」 (『ましろぼたん』より)

◆ICHIKO 「Treasure」 (『ゼロの使い魔 小悪魔と春風の協奏曲』より)

◆MOSAIC.WAV 「おいしい魔法のサシスセソ」 (『おいしい魔法のとなえかた。』より)

◆MOSAIC.WAV 「シリーシンフォニー」 (『きみはぐ』より)

◆MOSAIC.WAV 「愛の個人授業」 (『教えてっ! おねてぃー』より)

◆SATOMI 「愛の勇者 パワードアイサイオー!」 (『人妻戦隊アイサイガーパワード』より)

◆WHITE-LIPS 「セイリング」 (『潮風の消える海に』より)

◆安保さゆり 「月と太陽」 (『姫騎士アンジェリカ』より)

◆計名さや香 「missing cantrips」 (『魔法少女ナユタ』より)

◆結 「MiMi☆パニック」 (『みみ×みみ! ~発情注意報~』より)

◆黒崎朔夜 「Blade of thunder」 (『雷の戦士ライディII ~邪淫の神殿~』より)

◆彩菜 「嘆きノ森」 (『ひぐらしのなく頃に 祭』より)

◆榊原ゆい 「SHOOTING STAR」 (『いつか、届く、あの空に。』より)

◆織姫よぞら&AiAi 「みらくるキッス」 (『ぴあ雀』より)

◆美里 「足跡」 (『ホシツグヨ』より)

◆片霧烈火 「戒めの茨」 (『Alea -アレア- 紅き月を遙かに望み』より)

◆遊女 「思い出の夢」 (『Kissy Kissy ~わたしのたまご~』より)

この他にも、主題歌のタイトルが不明な『月光のカルネヴァーレ』ムービーなども公開されていますが、とりあえず分かる範囲で……(笑)。個人的な注目は、また一気に曲が出てきたMOSAIC.WAVですかねー。「シリーシンフォニー」の冒頭台詞「ディスコでターンテーブルより、おうちでLANケーブル」には思わず吹きそうになりました。あと、寡作のWHITE-LIPSさんが久しぶりに登場しているのも見逃せませんね。聴き応えのある歌の多い歌い手さんですが、今回のもまた直球ど真ん中勝負です。

ところで、またビットレートの話になるのですが。1st OPはmp3形式の主題歌のみ公開されたのに、2nd OPはwmv形式のムービーのみ公開と、アンバランスな感じがちょっと気になる『いつか、届く、あの空に。』ですけれども(笑)。この2nd OPの主題歌「SHOOTING STAR」、wmvですので音声部分のコーデックはwmaということになる訳ですが、よくよくコーデック見たら、Windows Media Audio 10 Professionalという珍しいものが使われておりました。ビットレートは実に384kbps! ここまでくると正直、うちの再生環境では違いが分かりませんが、たぶんいい音なのだと思います(笑)。

普段、ムービーから音声分離する際には、いったんwav形式にデコードして、長さ調節したり音量上げ下げしたりしてから、mp3にエンコードし直すという方法をとっているのですが、基本的にエンコード・デコードを繰り返すほど音質は悪くなっていきます(可逆圧縮を除く)。もともといい音で保存されているものは、できればその状態を維持したいなーと思っていて、この「SHOOTING STAR」はあえてwma形式のまま音声分離のみ行いました。長さ調節は、このためにUniteMovieというソフト(正確には、そのおまけの CutMovie)まで拾ってきたとか(笑)。

そんなしょもない小ネタを披露しつつも、本日はこれにてお開き。また来週。 (来週?)
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

過去ログぺたぺた ver.20070122

冬コミの新作が、正月明けから順次、各同人ショップにて取り扱い開始されておりますが、仕事始めのごたごたしがちな時期に注文が殺到することになったためか、普段よりも若干遅めのスケジュールで、配送手続きが行われていたようです。

そんなわけで、1/10に注文をしておいた商品が、ようやく発注済のメールが届きました。たぶん今日明日には手元に届くのじゃないかと思います。

買ったのは、少女病『esteem』、Voltage of Imagination『あさやけぼーだーらいん』、ついでにトチ狂ってTynwald Music『WHITE-LIPS Vocal Collection』も注文してしまいました。

『esteem』は、前作2枚も買った流れで、どうせだから押さえておくか、と。前作も良かったですしね。iPodのよく聴くプレイリストに入れてあるので、今でもしょっちゅう聴いていますが、どのアレンジも面白くて、聴けば聴くほど味が出てきます。今回も同じくらいの「力作」具合を期待しています。

『あさやけぼーだーらいん』は、とにかく茶太さんヴォーカルのCDが何か欲しくなってしまって。当初検討していたのは、iyunaline 『200612』、my sound life『crystal』、ウサギキノコ『eclipse』あたりでしたが、iyunalineのもmy sound lifeのも、冬のやつ買うならついでに夏のやつも揃えたいなぁ、などと思ってしまって。ウサギキノコは茶太さん主宰のサークルですので、いわば大本命だったのですが、夏コミで出ていたCDなのが心のどこかで引っかかり。うーんうーんと悩んでいたら、ふと目に飛び込んできたのが、『あさやけぼーだーらいん』だったのです。

Voltage of Imaginationは「しもちゃみん」3人を起用した三部作を二度ほど作っており、サンプルでしか聴いていませんが大嶋啓之さんの独特なアンビエントのテイストは個人的に好み。今回は以前のものとはちょっと路線が違って、いい意味で肩の力を抜いて作ってそうで、タイトルもひらがなで脱力感がありますし(笑)、三部作という凝った作りでもないようなので、軽い気持ちで手にとってみても面白いかも? と思ったら、カートの中に入っておりました。

『WHITE-LIPS Vocal Collection』は、けっこう前から買おうと思っていた一枚で。上記2枚を注文している際に、あれこれ調べていたら、「在庫僅少」になっているのを発見してしまいまして。気が付いたときには手が滑っていた(笑)。アンプラグドな楽曲が魅力の歌い手さんですね。

ということで、手元に届くのが楽しみです。じっくり聴いて、気が向いたら感想でも書いてみたいなと思います。どうせどれも「いい」に決まってますが(笑)。

なお、諸般の事情で取り扱い開始が遅れていたMaple Leaf『Maple Leaf BOX』ですが、1/20についに取り扱い開始となっています。前述の商品とは一緒の注文にできなかったため、別途注文しようと思っていたら、この作品は Amazonでも取り扱いをすることになっていまして、Amazonなら1500円以上の買い物で送料が無料になりますので、そちらで注文してみました。さっき確認したところ、在庫はまだあるみたいですね。

ここ最近、ブログ界隈でもちょこっと話題になっていた、「Amazonでの同人アイテムの取り扱い」ですが、それによるとAmazonでもお願いすれば同人アイテムでも取り扱ってはもらえるらしいです。ただ、掛け率がいわゆる同人ショップよりも低め(=作者さんの取り分が少なめ)なのと、現状では JANコードを取得しないとAmazonの流通には乗せられないらしいので、敷居はまだ高いとのことでした。霜月はるかさんは、商業ベースでも既に活躍の場を得ており、それゆえにこそ今回のこういう話も出てきたのかなぁ、などと想像してみたり。

そういえば、話は全く違う方向に飛ぶのですが、今年は日記に、どこどこでなになにという曲を拾った、というメモを残していこうと思っていたのですが、年明け早々にちょろっと書いて以来、全然書けていないという(笑)。正月明けくらいには、たいして公開される曲もなかったですし、特に書くこともないなーという感じでしたが、一月も半ばに差しかかってくると、ぼちぼち公開曲(ムービー含む)も出てきているんですよね。次の休みにでもまとめて書きたいところですが、なんというか、鮮度のないネタになりそうだなぁ(笑)。

そんなこんなで、そろそろ寝ないといけないようです。おやすみなさい。

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

過去ログぺたぺた ver.20070104

運送業者も年末年始関係なく動いているんですねー。
頑張れ。

ということで、前述の5枚のCDですけれども、もう一度明細書こうかな。

Chambers Record『雪降る歌 ~scene:X'mas~』
I've sound『LAMENT』
I've sound『OUT FLOW』
I've sound『Collective』
I've sound『Short Circuit』

以上5点、元旦早々手元に届きました。
順番に聴いておりますが、とりあえず封を開けた順番は『雪降る歌 ~scene:X'mas~』→『Short Circuit』→『Collective』→『LAMENT』→『OUT FLOW』となりました。

今さらな感じがするかと思った『雪降る歌~scene:X'mas~』でしたが、聴いてみると案外そうでもないっていうか、クリスマス! って感じを全面に押し出した曲ばかりでもないので、冬の間じゅう引っ張って聴けそうな予感。もともと行事に敏感なタチでもないからかなぁ。もっとも、季節感はそれなりに大事にしていますがね。

佳織みちるさんと留桜良姫さんの曲が(合唱曲をのそいて)一曲だけなのがちょっと残念でしたが、その一曲がそれぞれジャストミートなのは純粋にすごいと思いました。お二人の個性をよく引き出していますね。特に留桜良姫さんは反則なまでに可愛すぎ。やばいです。

なばためもさとりなも二曲もらってるのになぁ……いえ、特に他意はゴザイマセンヨ?

『雪降る歌 ~scene:X'mas~』はリッピングも終了。残る4枚もさくっと終わらせたいのですが、こちらはゲーム主題歌が多いので、該当作品の発売年をそれぞれ調べないといけません。自分で決めたルールとはいえ、めんどくさいなぁ(笑)。

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。